Frits Koster(MBSRトレーナー/ウェビナー講師)

Frits Koster

MBCL(Compassion)/MBSR/MBCT Teacher,

Webサイト(英語)

1979年よりヴィッパーサナ瞑想を実践しています。仏教の僧侶としての6年間、タイ、ミャンマーの瞑想センターにおいて瞑想および仏教の典籍について学びました。1988年にオランダに戻り、それから瞑想リトリートを行ってきました。現在では還俗し、仏教心理学、哲学を教えることに加え、精神医療の分野で非常勤の仕事をしています。
複数の著書のうち、Liberating Insight (2004), Buddhist Meditation as Stress Management (2006) and The Web of Buddhist Wisdom (2015)の3冊が英語に翻訳されています。
MBSRおよびMBCTの講師であり、講師養成の指導を行っており、各国の講師養成機関と連携をしています。
精神科医のErik van den Brink博士とともにMBSRやMBCTのコース終了者向けにフォローアップのプログラムを開発しました。このプログラムはMindfulness-Based Compassionate Living (MBCL)と呼ばれ、世界中で教授されています。
共著としてMindfulness-Based Compassionate Living (Routledge, 2015) and A Practical Guide to Mindfulness-Based Compassionate Living (Routledge, 2018)があり、複数の言語で出版されています。