Trauma-Sensitive Mindfulness (TSM)

トラウマ・センシティブ・マインドフルネス

最新情報/募集中のプログラム

現在以下のコースを募集しています。下記よりお申し込みください。

無料説明会

トラウマ・センシティブ・マインドフルネスとは、コースの概要、進め方、などについての無料説明会です。下記バナーよりお気軽にお申し込みください(外部Peatixサイト)。

What’s New!

>>過去のコラムを読む

Our Vision

マインドフルネス、ヨーガ、瞑想の実践は、私たちに、たくさんの恩恵を与えてくれます。
ストレスが多い現代社会において、マインドフルネス、ヨーガ、瞑想は特に必要とされ、医療、福祉、教育、ビジネス、コミュニティなどさまざまな領域で広がり始めています。
同時に、マインドフルネスはとてもパワフルであり、トラウマに敏感な方には、安全に配慮した伝え方が大切になります。世界の流れにおいて、瞑想指導に関わる方はトラウマセンシティブについて学ぶことが必須となっています。
私たちは、全てのマインドフルネス、ヨーガ、瞑想指導に関わる方に、トラウマセンシティブに配慮した指導を学んで欲しいという思いで、トラウマ・センシティブ・マインドフルネスの学びの場、Trauma-Sensitive Mindfulness Japanを立ち上げました。David博士と協力して日本でのコミュニティづくり、学びの場を提供していきます。
マインドフルネスが、教える人、実践する人の双方にとって、安全で、安心なものとして、より多くの方の手元にとどくことを目指しています。

トラウマ・センシティブ・マインドフルネスとは

トラウマの理解と組み合わせると、マインドフルネスはより強力になります。

David Treleavenは、トラウマの専門家、教育者、作家であり、トラウマセンシティブな方にどのように安全にマインドフルネスを提供していくかの研究と指導をしています。

多くの方にまだ知られていませんが、マインドフルネス瞑想は、僅かではありますが用い方によっては、外傷性ストレスの症状を悪化させる可能性があります。内面の世界に細心の注意を払い続けるように指示された場合、トラウマに苦しんでいる人々は、フラッシュバック、調節不全、または解離を経験する可能性があります。

しかしながら、マインドフルネスはとても有効で、トラウマの理解と組み合わせてお伝えすると、トラウマにセンシティブな方に、とても助けになるものでもあります。

このコミュニティでは、トラウマの回復に向けたマインドフルネスの力を活用しながら、害を防ぎ、安全にマインドフルネスを伝えていくための学びを提供します。

(サンプル動画:字幕がついていない場合は、右下のccから「日本語」を選択してください)

こんな方へ

  • マインドフルネス、ヨーガを教えている、または医療、心理、教育等の場面でマインドフルネスや瞑想のエッセンスを用いて対人支援を行っており、安全なマインドフルネスを伝えることに興味がある方。
  • 自らマインドフルネスの実践を行う中で、より安全、安心な実践を行いたい方。
  • その他、マインドフルネスの実践する実際的な側面から、トラウマに配慮したマインドフルネスについて知りたい方。

トラウマ・センシティブ・マインドフルネスへの推薦の声

Trauma-Sensitive Mindfulnessホームページより転載

トラウマ・センシティブ・マインドフルネスについて学ぶことは、自らをマインドフルネスの指導者と考える人、指導者になるためのトレーニングを行っているすべての人に必要不可欠な「アップデート」です。

“And essential ‘upgrade’ for anyone who thinks of her or himself as a mindfulness teacher, or is in training to become one.”

Jon Kabat-Zinn, PHD

Mindfulness-Based Stress Reduction (MBSR)創始者

瞑想指導者、メンタルヘルスの実践家、そしてトラウマに苦しみ、智慧と癒やしにより瞑想に取り組もうとしている全ての人の必読書です。

“Essential reading for meditation teachers, mental health practitioners and all those who have suffered from trauma and want to engage on a metitative path in a wise and healing way.”

Tara Brach, Phd

Radical Acceptance, True Refuge著者

トラウマ・センシティブ・マインドフルネスに関するDavid博士の功績は、この重要な問題について必要な情報を明確に提供しています。著書は、私達のトレーニングプログラムに参加する学生にとっての必読書になっています。

“David’s work on trauma-sensitive mindfulness is providing much needed clarity on this vital issue.. his ook is now on the essential reading list for our students!”

Rebecca Crane, PhD

英国Bangor大学, Center for Mindfulness Research and Practice責任者

学び方

※ビデオ教材には日本語の字幕が付きます。当ビデオ教材は、David氏のTrauma-Sensitive Mindfulness Training(英語)の主要コンテンツに日本語字幕をつけたものです。

スケジュール

無料説明会

トラウマ・センシティブ・マインドフルネスとは、コースの概要、進め方、などについての無料説明会です。下記バナーよりお気軽にお申し込みください(外部Peatixサイト)。

受講申し込み締め切り

第1期 2022年1月20日(木) 
※オリエンテーション 1月30日(日)13:00-15:00

<早期お申し込み特典>
2021年12月末までにお申し込み・ご決済いただいた方には、Trauma-Sensitive Mindfulness: Practices for Safe and Transformative Healing(David Treleaven著)の日本語版が発行されましたらお送りします。

第2期 2022年2月20日(日) 
第3期 2022年3月20日(日)
第4期 2022年4月20日(水) 以下続く
※いずれもオリエンテーション 後日連絡

月例ミーティング予定
2022年2月20日(日)13:00-15:00シェアリング/ディスカッション
2022年3月24日(木)20:00-22:00シェアリング/ディスカッション
2022年4月10日(日)12:00-14:00David Treleaven
2022年5月22日(日)13:00-15:00シェアリング/ディスカッション
2022年6月23日(木)20:00-22:00シェアリング/ディスカッション
2022年7月David Treleaven(予定)
2022年8月シェアリング/ディスカッション
2022年9月シェアリング/ディスカッション
2022年10月David Treleaven(予定)
2022年11月シェアリング/ディスカッション
2022年12月シェアリング/ディスカッション
以下続く
  • 毎月のミーティングは、主に木曜日20:00-22:00または日曜12:00or13:00を中心に行います(都度ご案内します)。
  • ミーティングへは、ライブでの出席を推奨しますが、欠席の場合は、録画視聴または(および)テーマについての掲示板への書き込みをもって参加に替えることができます。
  • 毎月20日まで、入会(コース開始)が可能です。同時期に開始する受講者が少ない場合は、翌月に一定数の受講者が集まったタイミングでスタートすることがあります。
  • 入会は毎月可能ですので、ご自身のよいタイミングでコースをスタートされてください
月例ミーティングのディスカッション内容例

個人的な観点から

  1. トラウマは時に言葉にできないものと表現されます。このモジュールの後、あなたはどのように感じていますか?これまでのところ、このコースはあなたにどのような影響を与えていますか?
  2. このモジュールの前に、あなたのトラウマの定義を形成したのは誰または何ですか?
  3. なぜトラウマに向き合うのですか? トラウマについての理解を深めること、特にマインドフルネスについての理解を深めることは、あなたにとってどのような価値がありますか?

マインドフルネスを伝える観点から

  1. このモジュールでは、トラウマについて何を学びましたか?これをあなたの練習や仕事にどのように応用できますか?
  2. あなたは現在、トラウマをどのように概念化していますか?
  3. 「トラウマのスペクトラム」はあなたの仕事のどこに当てはまりますか?
  4. これまでの学習はどのようなものですか?このモジュールでどのような疑問がありまsか?

参加要件(こんな方へ)

このコースは、マインドフルネスやそれに関連した領域で、対人支援を行っている方向けのプログラムです。参加にあたっては、以下のいずれかの要件を満たすことが必要です。

  • マインドフルネスやヨーガ、瞑想等を教えていること、教えた経験があること。
  • マインドフルネスやヨーガ、瞑想等を教えるトレーニング中であること、今後参加予定であること。
  • 医療、心理、教育その他の分野で、マインドフルネスや瞑想のエッセンスを用いた対人援助の経験があること。
  • その他、事務局が認めるマインドフルネスやそれに関連した支援のご経験があること。

マインドフルネスとの関連について学んでいくコースであるため、マインドフルネス8週間コースやそれに準じるコースに受講者として参加した経験や日常的に実践を行っていることが理解の助けになるかと思います(※マインドフルネスの実践と関連付けて学ぶ観点から、8週間コース未受講の方は、受講をお勧めします。)。

ご不明な場合はお気軽に事務局にお問い合わせください。

修了証発行要件

  • 配布するビデオ教材を全て閲覧すること。(36本✕各1時間程度) ※当ビデオ教材は、David氏のTrauma-Sensitive Mindfulness Training(英語)の主要コンテンツに日本語字幕をつけたものです。
  • 月例の全体ミーティングに全て参加すること。欠席の場合は、録画視聴または(および)テーマについての掲示板への書き込みをもって参加に替えることができます。
  • ピアグループへ参加し、月1回を目処に、グループ内でコミュニケーションを取り、学びを深めること。
  • 最終レポートを提出すること。

コミュニティのあり方について

当コミュニティは、実践的な学びを第一の目的とするものです。参加者の中には、トラウマや医療、心理の専門家の方も含まれますが、その専門性、バックグラウンドに対してはお互いに最大限の敬意をはらいつつ、「安全にマインドフルネスを提供する・実践することを実践的に学ぶ」という点では、これまでの実践、学びの期間に差はあれど共に学ぶ仲間である前提でご参加いただきます。
グループ内でのお互いの呼称はファーストネームの「さん付け」を推奨しています。

お申し込み方法

Step1 決済カートからご決済ください(IMCJのMBSR講師養成受講中の方は別途決済となりますので、カート決済は行わずStep2に進んでください)
Step2 必要事項をフォームにご記入の上、お申込みください。
Step3 11月以降、随時、個別の事前ミーティングを実施します(別途ご案内します)。

Step1 決済

税込み199,980円(税抜181,800円)

振り込みご希望の方はその旨、お申し込みフォーム内、「決済状況」で「その他」を選択肢、その旨ご記入ください。

受講費には以下を含みます。

  • ビデオ教材(日本語字幕付き) ※全36本(各1時間前後)。当ビデオ教材は、David氏のTrauma-Sensitive Mindfulness Training(英語)の主要コンテンツに日本語字幕をつけたものです。
  • 12ヶ月間、月1回の全体ミーティング参加費(David氏が参加する場合も含む)
  • 修了証の発行(前述の要件を満たす必要があります)
  • トラウマ・センシティブ・マインドフルネス・ジャパンのウェブサイトへの修了者名掲載(希望者のみ)

Trauma-Sensitive Mindfulness

Trauma-Sensitive Mindfulness

¥199,980

今すぐ購入する

Step2 必要事項記入フォーム

Step3 事前面談

事前に30分程度の個別面談を予定しています。詳細は追ってご連絡致します。
※過去にIMCJのコースを受講された方については省略または別のコミュニケーション手段で代替することがあります。

トラウマ・センシティブ・マインドフルネス・ジャパン

David氏のプログラムがより確かな形で日本の皆様の手元に届くよう、David氏とパートナーシップを組み、トラウマ・センシティブ・マインドフルネス・ジャパンを設立します。International Mindfulness Center Japanが事務局業務の運営を行います。年内に専用のホームページを開設し、広く情報提供を行って参ります。

Q&A

こちらより御覧ください